しがないリーマンのblog

サラリーマンになって4年。積立投資でセミリタイア目指してます。
ツイッター @u_kaneyoshi

2013年12月

資産評価額(12月31日)

2013年12月31日の資産評価額です。



前月比+60万円以上となりました。
株高とボーナスのおかげです。感謝。感謝。

今年は、すごい年でした。
大納会で年初来高値。
日経平均は50%程度上昇。
ドル円は20%程度円安。

”たられば”はいってもしかたがないのですが、
FXでフルレバッジでドルを買っていれば・・・
信用で全力日経平均のレバレッジブルを買っていれば・・・
もうすべて手遅れです。

このような相場は生きてる間にまた遭遇できるかどうかわかりません。
株価も十分上昇しました。
円も十分安くなりました。

ここからはもう大きな儲けは期待できないでしょう(未来のことは誰にもわかりませんが)

来年も今年に引き続き大博打は絶対に打たないようします。

いよいよ来年からは具体的な数値目標にそってリタイアへの道を進みたいと思います。


生活費という足枷

欧州の組織はなぜ従業員を丁重に扱うのか
という記事を読みました。

奴隷史をもとに、欧州において古代から現代まで支配者が奴隷(従業員)をどのように扱ってきたか
どうして、現在、従業員を丁重に扱うようになったのかが書かれています。

紀元前から奴隷はいた

中世になると奴隷が農奴と呼ばれるようになる

労働力不足のため、北アフリカやスラブ諸国に遠征して奴隷を調達

15世紀頃、アフリカの黒人を奴隷として売買することを始める(奴隷貿易)

1808年にアメリカで奴隷売買禁止。奴隷価格の高騰。

奴隷に子供を産ませようとするが、酷い扱いをしているだけではなかなか難しい。
様々な土地で奴隷の扱いが緩くなっていく。

奴隷の反乱の多発

奴隷は丁重にあつかって働かせた方が得
”奴隷は値段の高い資産であり、増やすのにも訓練するのにも銭がかかったからです。奴隷が病気になるまで働かせるのも決して賢いやり方ではありませんでした。病気になれば生産性が下がるのです。”


海外の労働環境と日本の労働環境を比べて云々・・・に、興味はありません。
一介の労働者として、自分は恵まれている方だと考えています。

あととても気になるフレーズがあったので引用します。
現代では名目上奴隷というのはおりません。奴隷売買も奴隷制度も禁止されております。しかし、多くの働く人々は、住宅ローンや生活費というもので、足かせをはめられています。
生活費は安ければ安いほど、自由に近づけますが(足枷が軽くなる)、あまりにやりすぎると、
河原乞食になってしまいます。

行きたくもない会社に行き、酒を飲みながら文句を垂れ、盆・年末の僅かな連休を渇望する。
そんな生活を早く卒業したいです。

とにかく会社に行けば給与がもらえます。それを積み上げ、自由になれるように耐えるのみです。

手取り年収

軽く粗相した忘年会の翌日は何も起こらず、平和でした。

相変わらず、仕事には行きたくありません。


今月の給与が入り、9月分の給与明細が見つかりまりましたので、
手取り年収を計算してみました。

ざっくり340万円程度です。

大体、月8万円(年96万円)を積立る必要が有るため。

使っても良いお金は、月20万円(年240万円)
そこから、家賃や水道光熱費、携帯・ネット・車関連の維持費を除くと
おおよそ、月11万円使えます。ということは週に2.75万円でやりくりすれば良いことになります。

余裕そうですね(多分)。
もっと積立額を増やせるようにしていきます。

2013年の資産評価額の増減です(右端の1/1の数値は予想値です)。
アベノミクス?のおかげで260万程度資産が増えています。



来年は今年ほど株価は上昇しないと思いますので、2015年1月の時点での目標は
(700+96)×1.05≒840万円にしたいと思います。
(積立シミュレータでの到達予想価格は834万円です)

我慢ができない

今日忘年会でした。
幹事でした。

二度とやりたくないです。

来年から異動になる奴がいまして(自分より10歳ぐらい年上です)、
特に仕事でも関係なく、上司でもないのに「僕が幹事だったら~」「君は根性が~」とかのたまいます。
黙って聞いていれば、(こちらは特になにもしていないのに)ごちゃごちゃと説教を垂れ始めます。

そういう時は目線を遠くにしてまともにとりあわず、雑に相槌を打ちます。

適当に相槌を打っていると、どうやらまともに聞いていないのがわかったらしく、
自分のスーツの袖など思いっきりを引っ張る始末。殴ってやろうかと思いました。

これで殴った場合も正当防衛になるんですかね?(小市民の自分は何もしていませんが)

あんまりにも腹が立つので、酔の勢いもあって、
そいつが説教している途中で「知らん!帰る!」
といって走って帰ってきました。

やっちまったな\(^o^)/

そいつが異動まであと7日あります。

大丈夫かな

性格がずぼら

今年の手取り収入を計算するために給与明細をかき集めていますが
なぜか9月分の給与明細だけありません。
どこかへ行ってしまったようです。

自分は性格がずぼらで整理整頓や日程管理が雑です。
会社勤めというか労働に向いていません。

家計簿放置からもわかるように、何かを毎日コツコツと実行することには向いていません。
家計簿は邪魔になったので捨てました。

汚いところや整理整頓されてないものは嫌いですが、掃除や整頓は面倒です。
できるだけ、モノは持たないようにしたいです。

リタイア計画(積立シミュレーション)

40歳、45歳時にリタイアするにはいくら必要か計算してみました。
税金・インフレ無視の楽観シナリオでのシミュレートです。

40歳時リタイア


45歳時リタイア


40歳リタイアだと、4800万円必要で、現状だと年9.5%程度の運用益をあげないとダメなようなので、
ほぼ不可能です。

45歳リタイアだと4500万円必要で、現状で5.1%程度の運用益でなんとか到達できるようです。
ちょっと厳しいかな・・・。

いずれにせよ30歳になったときには1200万円に到達しているかどうかどうかが、目安となります。

収支管理

面倒で家計簿をつけるのをやめてしまって早2ヶ月。
ただ、資産を形成するため、リタイアした後の計画を立てるためにも
どれぐらい支出しているかを把握しなければなりません。

収入はサラリーと株の値上り益しかなく、証券口座は通常と使用してい銀行口座と全く別ですので、
常用している口座の入出金履歴さえみれば、簡単に収支がわかることを今更ながら気づきました。

これならすごく楽です。

オンラインでcsvファイルもダウンロードできるみたいです。
来年からはきちんと把握したいと思います。


資産評価額(12月1日)

12月1日時点での資産評価額です。




米国や日本市場が好調で、前月比+22万円以上です。
ここ2ヶ月で家計簿をつけるのが面倒になったので、つけなくなってしまいました。
ダメですね・・・。

食事とエロ以外のことは面倒になってきました。


彼女ほしいですが、”見た目も良くないのに消極的で理想が高い”という非常に悪い状況?志向?ですので
できる気がしません \(^o^)/



相変わらず、婚活ブログをみて凹んでいます。

あるエントリによると、
結婚式で、新婦の友人同士のテーブルでは、新郎の”品評会”がされるそうです。
「あ、ちなみに顔も職業も取り柄がない人は
「優しそうだね。」
が鉄板ですw」

で、自分が女性から よく言われるのが「優しそうだね」「人が良さそうだね」です。

おおよそわかっているけど、ツラい。


人の本音というのはなかなか聞けないものでですが、こういうブログだと赤裸々(多分)に書いてあるのだろうと思います。

ブログより引用します。
「世の中の大半の婚活女子はどんな仕事をしているかよりどれだけ稼いでいるのかに興味があると思いまーす。」


(一部の)男は、こういう現実を突きつけられると、萎えてしまいます。
わかってはいるんです、でもやっぱり、受入れ難いんです。

「稼ぎはそんなになくてもいいから、健康で居てくれればそれでいいよ」
「もし何かあれば、私が働きにでるわ」
こう言ってくれるお嫁さんが理想です。

こういうお嫁さんはもちるん存在すると思います、ただ、モテない自分にこういうお嫁さんと結婚できるかどうか・・・。

そろそろ”30才”が見え始めてきました。
友人・知人も既婚者が大分増えてきました、子供がいて、家を建て始めた同級生も居ます。
実に幸せそうです。

幸せは人それぞれです

もう、独身でいいかな

RSS
相互リンク募集中
当ブログはリンクフリーです。
<a href="http://spartanlife.doorblog.jp/">しがないリーマンのblog</a>
ブログランキング







にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
  • ライブドアブログ