しがないリーマンのblog

サラリーマンになって4年。積立投資でセミリタイア目指してます。
ツイッター @u_kaneyoshi

2014年02月

「自分の気持ちに正直なこと」と「我慢する・辛抱する・忍耐すること」

面白い(興味深い)ブログを見つけました。

特殊清掃「戦う男たち」 自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去・遺品処理・整理まで施行する男たち

リンクのテキストの通り、特殊清掃の業務をされている方のブログです。
2月19日の記事が気になりました(他の記事も面白いです)。
詳細は、是非、ブログ記事を呼んでみてください。

記事より引用します。

”故人は、30代後半
大学を卒業して、それなりの企業に就職。
しかし、「おもしろくない」と早々に退職。
以後、人間は、我慢する・辛抱する・忍耐することが必要であるということをまるで忘れてしまったかのように、職を転々するように。
そして、それを繰り返すたびに、仕事内容はどんどん不本意な方向に行き、賃金は低下の一途をたどった。
そうなると、労働意欲も低下。
結局、最期の数年間は、仕事に就くどころか、就職活動さえしない生活をしていた。


「自分の気持ちに正直」にという、ポエムともなんともつかぬ言葉を最近見かけます。

「自分の気持ちに正直」に職を転々とした人の末路です。
” 現場の玄関を開けると、著しい悪臭が私をお出迎え。(中略) 次は、おびただしい数のハエがお出迎え。
そして、その次は、ベッドの遺体痕が私を迎えてくれた。
それを確認して後、周囲を見回すと、部屋はかなりの荒れ様。
整理整頓・清掃はロクにできておらず、生活ゴミをはじめ大量の酒のビンや缶が散乱。”



辛抱や我慢ばかりでは、何のために生きているかはわかりませんが、
「会社員(賃金労働者)は定刻までに出勤する」
「つまらなくても賃金のもらえることはする」
「食事・飲酒は節度を保つ」
・・・等
ある一定水準の辛抱や我慢は必要なようです。
The road to hell is paved with good intentions.(地獄への道は善意で敷き詰められている)

上記の記事は「ブログの筆者自身のこと」「(故人の)親と子の関係」についても書かれています。

繰り返しになりますが、とても興味深いブログです。

新興国株式セクターへの積立

先月、全て売却した三菱UFJ-eMAXIS新興国株式インデックスですが、
新興国株式セクターへ積立は続けていきます。

今月より新興国株式の積立投資のファンドをEXE-i 新興国株式ファンドに切り替えます。

切り替えた理由は、
1.新興国株式市場が軟調なこと(後付ですが)
2.コストが安いこと(三菱eMaxisが年0.63%に対して、EXE-iは年0.4285%程度です)
の2つです。




35歳を過ぎると結婚はほぼ不可能

下記の記事を読みました。
35歳過ぎると結婚はほぼ不可能 できたのは「男性で3% 女性で2%」

引用します(斜体)。
”2010年の国勢調査によると、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30.9%、5年後、40~44歳になったときの未婚率は27.9%で、未婚男性の9.7%しか結婚に至らなかった。5年間で「3%」でしかないということになる。”


”「いつか結婚できるんじゃないかというのはもはや幻想です。データを見ても分かるように、35歳を過ぎて結婚するのは超難関大学に入るより狭き門だと早く気付くべき。夢のない言い方ですが『就活』と一緒なんです」"

現状、彼女はいません。

日々の労働に飽き飽きしていますが、35歳までは真面目に働こうと思います。

35歳時点で未婚であるまたは結婚を視野にいれた”お付き合い”がなければ、
45歳でセミリタイアまたはリタイアしたいと思います。

45歳にもなれば性欲も減退しているでしょう(多分)。
「晴耕雨読」が理想の生活です。


記事にはこういうこともかかれていました。

   ”ネットでは「そもそも結婚なんてしたくない」という意見もたくさん出ているが、2010年の「結婚と出産に関する全国調査」によれば「いずれ結婚するつもり」と答えた人は、男女とも86%を越えている。

自分がもし結婚するなら、パートーナーにも働いてほしいと思います。

謎のコメント(裏を取ることは重要)

2月5日の記事にコメントがありました。

引用します。
"本業は不動産屋ですが、サイドビジネスとして株投資と不良債権を購入して弁護士に回収してもらっています。
正直株よりも債権回収の方が儲かっています。
5年前に買った債券はどれも3年で元本が返って来て、それ以降2年以上はすべてが利益になっています。
弁護士の報酬は回収額の50%ですが、それを差し引いても3年で投資した元本はすべて返って来ました。
そして、その弁護士法人が投資家から集めた資金でファンドを組んで債権を買い取り、投資家に配当を出すファンドを2月から日本で初めて稼働させるので、弊社で投資の募集を募る事になりました。
1口2500万円からです。
弁護士法人は年利20%~50%の配当をうたっていますが、弁護士の報酬が50%ではなく30%なので、
配当は年利30%以上である事は間違いないでしょう。
詳しくは弊社のホームページをご覧下さい。

http://www.sides.co.jp/topics/


文章がなんとなく変です。
文書を書く能力が低い人が書いたように感じます
(自分も人のことを言えたものではありませんが)

表示されているリンク先に飛んで見ると「株式会社 サイズ・コーポレーション Sides Corporation, Inc.」
が運用しているようです。

上記会社の本社住所を検索してみるとこういうページに行き当たりました。
バーチャルオフィス って? その住所、大丈夫!?


資産評価額(2月5日)

久しぶりの更新です。
資産評価額は大きく毀損しています。




前月比、-8.1%、60万円弱のの大幅減です。

ある程度は現金化はしていますが、含み益の消失のため、評価額は大き減っています。

含み益はまぼろし。
含み損は現実。

今月は大きく減りましたが、淡々と資産を増やしたいと思います。

あと、ツイッター始めました。
よろしくお願いします。@かねよし
RSS
相互リンク募集中
当ブログはリンクフリーです。
<a href="http://spartanlife.doorblog.jp/">しがないリーマンのblog</a>
ブログランキング







にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
  • ライブドアブログ