そろそろ年末で、忘年会やクリスマスといった言葉をよく見かけます。
今年は小学校~大学の同級生から結婚のお知らせがたくさん来ました。
中には、出産や妊娠のお知らせもありました。

自分もこういう年齢になってしまったのだなと感じます。

ヤングリタイヤと結婚とは直接関係あるものではありませんが、
資産形成という視点から見れば非常に密接な関係があります。
結婚すれば、嫁さんの収入や資産、考え方、子供の有無で支出と収入が
現在とは全く変わったものになってしまいます。
特に子供は養育費がすごくかかります(育ててくれた両親に感謝)。

現在彼女もいないし、将来結婚できるかどうかわからないけど、
ヤングリタイヤを実行するなら、結婚できる可能性は極端に低くなるかもしれません。
もちるん、良い出会いがあれば、ヤングリタイアかつ結婚は可能かもしれませんが、
もてるほうでもないですし、普段の生活からして出会いも少ないです。

結婚を考え、子供がほしいなら、健康な女性と出会いがあるように
エネルギー・資源を投入するべきなんですが・・・。
中途半端に合コンに参加して、お金を浪費するべきではないし、
参加したらしたできちんと次のステップにつながるようにするべきなんですが、
どうも中途半端です。

本当に結婚したいのか?子供がほしいのか?と問われれば
独りでのんびりすごすのも悪くないな~と、迷っています。

このままいけば、迷っている間に、気が付けば、30歳、35歳、40歳と
年を取っていくように思います。
35歳をすぎたあたりから、婚約できる可能性は極端に減るようですので、
時間がたてば、ほぼ確実に独身となります。

「かわいくて器量よしでお金持ちの嫁さんいないかな~」
頭の中で考えるのは自由ですが、口に出していってしまうと
「鏡とその他自分のことを見てから言え」とツッコミが来そうです。

婚活をしている女性の結婚相手への要望等がおもしろおかしく
まとめられているサイトなどを見ていると、彼女らに対してイラッとした感情が湧くと
同時に「こんなんだから結婚できないんだろうな」とも思います。

「人のふりみてわがふり直せ」ではないですが、異性から見て不快に感じるような言動、
例えば、”自分のことを見てからものを言え”と思うぐらい異様なほど要求が高いことや
相手を「機能」や「記号」としてしか見ていないようだと、満足な結果を得ることは難しいかもしれません。

最悪なのは、年をとって金なし・嫁なしの状態なので
「とりあえず、金があって健康であればなんとかる」の精神で
お金はきちんと積立てていけば増えていくので、そこだけはしっかりとしていきます。

将来に対して明確なビジョンを持っていないので、なんだかまとまらず、よくわからない文章になってしまいました。